水素水の効果を比較!

水素水の効果を比較!

たくさんの種類の水素水を目にし、どの水素水が本当に効く!水素水なのか迷われる方もおおいのではないでしょうか?

 

このサイトでは、本当に効く!高濃度水素水の比較を、コストパフォーマンス、水素濃度、体験者・口コミ等、あらゆる方向から比較し、本当に効果の高い水素水をご紹介します。

 

水素水の健康効果

水素研究の第一人者である太田成男氏(日本医科大学の教授)は、

 

「水素水の水素濃度が高い方が健康効果が高いと発表しています。」

 

 

他の比較サイトで「水素濃度が高すぎる水素水はお金のムダ」「水素濃度が高すぎて意味がなし」等目にしますが、実はそんなことありません。
これまでの研究論文ですが、ねずみを使った実験で、、高濃度水素を飲ませたねずみの方が、より効果があったという研究論文もあります。

 

水素は体に効くのか

高濃度水素水を飲んでも意味がないという理由は、例えば、速く走ることを目的にした場合、日本の都心の道路をF1カーで走るようなものです。

道路狭くく、ほかの車もたくさんいるので、せっかく速く走れるF1カーも十分な実力を出すことができないということです。
しかし、これはあなたの身体とコストの両面から考える事と同じように考える方がいいのではないでしょうか?

 

高濃度の水素水で、一番コストパフォーマンスがあり、本当に効果のあったといった体験談・口コミのあす水素水が一番だと思います。
私の水素水レビューなども含めて、本当に効く!水素水比較でご紹介します。

 

 

なぜ水素水が健康効果があるのか

 

水素水の健康効果

現在、多くの大学の研究室で数多くの研究や実験が行われています。
しかしまだ人の身体内での水素の働きについては、完全に解明されている訳ではありません。
そして、【医薬品医療機器等法(旧薬事法)】によって、医薬品と認めらなければ、効果効能を謳ってはいけないことになっています。
なので、水素(水)が、まだ医薬品として認可される段階には至っていませんし、現在の研究フェーズでは「効果効能を公的機関で認めるに至ってはいない」という段階になります。
⇒【関連記事】水素水は効果なし?ニセ科学?徹底検証サイト

 

しかし、水素には活性酸素を除去する、抗酸化作用がありますということは研究で判明しています。しかも、悪玉活性酵素だけを除去するという優れものなのです。

 

活性酸素は呼吸をしていても運動をしたときもエネルギーが作られた副産物として発生します。善玉活性酵素と言われるものは、健康のために必要なものですが、悪玉活性酵素と言われるものは、健康な細胞を傷つけてしまい、病気や不調の原因となってしまいます。

 

多くの病気の原因に活性酵素が関係していると言われています。この活性酵素の中の悪玉だけを除去してくれるので、健康効果が期待できるのです。
しかも、身体の弱いところにもっとも効果を発揮し、結果改善が大きくみられるという事です。このような水素の働きが他の抗酸化物質と異なる優れたところなのです。

活性酸素の何が悪い

活性酸素の何が悪い

水素水を特集にしたテレビや雑誌を見ましたが、必ずといっていいほど、活性酸素という悪者がでてきていました。

 

太田教授の論文発表が注目されニュースになったときも「水素が活性酸素を消去」と大々的に報じられていました。

 

そもそも、活性酸素ってなんなのでしょうか。
そして、活性酸素と水素水にはどんな関係があるのでしょうか。

 

活性酸素は、身体を酸化させるいわゆる身体をサビさせる物質ということで、老化や病気をもたらす元凶と言われています。

 

実際、大学病院の研究でも現代病といわれる糖尿病をはじめとする生活習慣病やがん、動脈硬化、心筋梗塞の実に90%あまりが、この「活性酸素」に起因すると言われています。

 

しかし、活性酸素が存在しているのには身体の中での役割があったのです。

 

そして、活性酸素と一口にいっても、善玉と悪玉があることがわかりました。
酸化力の弱い活性酸素で「善玉」といわれるものは、ウイルスや細菌を退治、除去したり、血管をつくったり、拡張するといった、身体に必要な役目も担っているのです。
アルコキシルラジカル、ペルオキシルラジカル、ヒドロペリオキシルラジカル、 一酸化窒素、二酸化窒素があり、過酸化水素や体内で発生する一重項酸素というものなどは、比較的酸化力が弱い「善玉」といわれるものです。

 

一方、酸化力の強い活性酸素は「悪玉」といわれ、その酸化力で細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリア、遺伝子、血管などにまでダメージを与えてしまうのです。
悪玉の代表がヒドロキシルラジカルです。

 

それでは、活性酸素も善玉は必要じゃないか、と思いますよね。
水素の凄いところは、この悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルだけに反応し除去するのです。悪玉活性酸素を無害な水に変えてしまうというのです。
水素ってすごいですよね。なんだかすごく賢いように思いました。

水素だから届く場所

水素だから届く場所

水素は活性酸素を除去する、いわゆる抗酸化物質です。

水素以外にも、野菜や果物などに含まれるビタミンCやポリフェノールなども抗酸化物質として知られています。

 

健康意識の高い方は、バランスの取れた食事で抗酸化物質を上手に取り入れているのではないでしょうか。

 

水素が今までにも知られている抗酸化物質と差別かされる優れた点は、分子が小さい、最小分子であるという特徴から、身体の中に入ると、内臓やあらゆる細胞の隅々までいきわたることができるという点です。

 

ヒトの細胞は、細胞を覆う膜があり、その中に細胞質があり、さらにその中に膜で覆われた核があるという構成です。
最初の細胞膜は脂質でできており、水溶性のビタミンCは通り抜けることができません。
また細胞質は水分が多く、水に溶けない抗酸化物質のビタミンEやコエンザイムQlOなどは作用を期待できません。

 

さらに脳に至っては、脳を守っている血液脳幹門という関所のようなところがあって、ほとんどのビタミンは高分子物質は脳の中まで入っていくことはできないのです。

 

それでは、水素はどうでしょうか。
サプリメントや内服液のように胃だけで吸収され血液に溶けて循環するのではなく、最小分子の気体である為、細胞そのものにまで入り込むことができ、
血管が通っていない部位はもちろん血液脳幹を通して脳にも到達することができるのです。

 

他の抗酸化物質とは別格だと言われる理由ですね。
身体のすみずみにまで届き作用する水素、今後の研究にもさらに期待が膨らみますね。
【参考記事】:太田教授の書籍に記載されてある内容から選ぶ水素水比較ランキング